ソリューションツール
Leadership Development ツール
 
【応用】
L/I は次の各項の基礎として用いることが出来ます。
リーダーシップ啓発を開始し、または促進するため
個々のマネジャーや経営者にコーチングを与えるため
リーダーシップ啓発努力の効果を判定するため
より建設的で、防衛的でない組織文化を促進するため
組織的効率の向上のため

■ リーダーシップ・インパクト (Leadership/Impact®)

中間から上級管理職のリーダーシップが及ぼすインパクトと効果についての ユニークな洞察を提供致します。
L/Iとは?

Dr. Robert A. Cookeによって開発されたリーダーシップ/インパクト(L/I)は管理者、経営者に、そのリーダーシップ戦略及びこれら戦略が他の人々の行動や業績に及ぼすインパクトついてのユニークな洞察を提供するフィードバック・システムです。このような洞察は、組織とその構成員の長期的効率、業績、並びに生産性を涵養(かんよう)するためにリーダーが用いることの出来る戦略と技法を確定するための基礎として用いることが出来ます。
L/Iは参加者に対して次の各項についての実態を知らせてくれます。

⇒個人的および組織的リーダーシップ基準に照らしての効果
⇒他人に対するインパクト:
他の人々が防衛的でなく建設的な方法で行動するよう動機付けすることの出来る度合
⇒リーダーシップ戦略:制限的方法に対比して処方的方法における行動の度合

L/I はどのように作用するか?

L/Iのフィードバックは2つの形態のリーダーシップ/インパクト・インベントリーを用いて収集された情報に基づき行はれます。他者評価インベントリーによるL/Iの記述は、参加者によって選ばれた約8名の人物が参加者の全体的効率、その行動に対するインパクト、並びにリーダーシップ戦略について説明することにより完成されます。L/I自己評価インベントリーは参加者が用いているリーダーシップ戦略についての自分の理解、並びに他の人々の行動に対して、理想的には、与えることを望んでいるインパクトを確定することによって完成されます。
これらインベントリーを完成するには約20乃至30分かかります。結果はHS/CARによって処理され、参加者へ、親展で、総合的フィードバックリポートとして提供されます。それには図、円環図、棒グラフ、表、説明文、及びリーダーシップ効率改善のための勧告が 含まれます。
L/I のフィードバックにより、参加者は次の比較検討が可能となります。

⇒自ら記述した好ましい将来の効率と他の人々が記述した自分の現在の効率との比較
⇒自ら記述した理想的には他の人々に与えたいと望んでいるインパクトと他の人々が
記述した自分が現在他の人々に対して与えているインパクトとの比較
⇒自分のリーダーシップ戦略についての自己理解と他の人々の理解との比較
⇒360°フィードバックのオプションも提供可能です。

L/Iを使うべき人は誰か?
L/Iはシニアレベルのマネジャー、経営者、その他リーダーシップの地位にいる人々のために設計されたものです。
L/I及びリーダーの効率
L/Iを用いると、以下のプロフィールに示されているように、一部のリーダーがそれ以外のリーダーよりも何故より効率的なのかを説明する助けとなります。左側のL/Iプロフィールは、他の人々によって効率が高いと記述された59名のリーダーのインパクトを示しています。このプロフィールが頂点に来ている場合、これらのリーダー達が他の人々を建設的に行動せしめる動機付けをしていることを表しています。右側のプロフィールは、他の人々が比較的効率が悪いと記述した59名のリーダー達のインパクトを示すものです。このプロフィールが底にある場合には、これらのリーダー達が他の人々を受身的/防衛的並びに攻撃的/防衛的の双方で行動するように仕向けていることを表しています。
 
このページのトップへ ▲