HSI認証コンサルタントに挑戦してみませんか?
(認証ワークショップのご案内)
HSIとは:Human Synergistics International1970年にミシガン大学の臨床心理学教授Dr. Raffertyによって設立されました。 ほぼ同時期に共同研究者であるイリノイ大学の組織行動論や組織開発論教授Dr. R. Cookeにより応用科学リサーチセンターがシカゴに設立され、Dr. Raffertyの個人をトータルに測定・分析するツールを、個人の集合体であるチームそして組織そのものを、測定、分析し改善へと導くツールへと進展させて来ました。特記すべきは、組織文化測定ツールOCI(Organizational Culture Inventory) は、恐らく世界で最も広く使用されている組織文化の測定尺度でしょう。 近年、日本でもようやく組織の変革は風土だけでなく、組織の文化そのものを改善しない限り変革は成しえないと認識され始めてきました。内なる国際化を目指し、そして異文化との共生のためにも組織の文化に注目してみませんか。
 
現在、HSIの各種測定ツールは世界各国で、教育、研修、組織改革、コーチング、CSRや企業倫理及びビジネス運営へのコンサルテーション等、幅広く使われています。ミシガンとシカゴを本部とし、世界14ヶ国、20拠点にて現地のエイジェントにより運営されております。
 
HSI統合変革システムとは:
HSIの原点は個人をトータルに測定するツールです。そのツールを原点にチーム力測定そして組織文化と活性度合い(風土)を測定する多元レベルのツールへと進化をして来ました。 変革が必要なタイプであっても、(対象が個人・グループ・リーダー・組織全体)個人的又は組織的なシステム全ての要素によって目的の行動とスタイルが強化される時に成功の可能性が最も高くなります。 同一理論により開発されたHSIのパーフォーマンス改善システムは、多元レベルの、つまりどのレベルからでも、同時に又は逐次に変革プログラムを開始する事が出来ます。
 
企業文化・風土改革を指導するコンサルタントになりませんか?
打ち続く企業の不祥事や大事故に、その要因はやっと組織風土ではなくそれを方向付ける組織文化でることが、注目を浴びるようになって来ました。いわば、組織風土は氷山に例えれば、氷上にある20%にしか過ぎず、水面下の見えない80%がその組織を方向付ける「価値観」つまり組織文化なのです。
HSIではOCI(Organizational Culture Inventory) により組織文化の「理想」と「現状」を測定しそのギャップを見出し改善へと導きます。さらに組織文化とリンクして、OEI(Organizational Effectiveness Inventory)により組織活性度合い(風土)を測定し、組織変革のためのテコを見出し、強みは更に伸ばし、弱みは改善へと導く事が出来ます。今、世界が大きく動いています、日本も一層の「内なる国際化」を進めそして異文化との共生はもはや避けられない時になってきています。そんなダイナミックな動きの中で、変革の一翼をHSIのツールを活用し担ってみませんか?
 
2.5日間のワークショップでHSI認証コンサルタントになれる(ワークショップの内容)
認証ワークショップの目的は、HSIの多元レベルのパーフォーマンス改善システムを学ぶ事により、各分野の専門的コンサルタント及び組織内の人事の専門家にとって、個人、グループそして組織における測定可能な改善策を生み出す化学的な診断システムを使う権利を得る為のものです。 
本システムは、個人開発、チーム開発、実験的学習(シュミレーション)と組織的開発に分類され、夫々のシステムを代表する各種ツールを実際に使用して、その真髄を3日間で学びます。
例えば:
夫々の組織レベルでの生産性を阻害する要因を同時に見定める方法を学ぶこと
個人のための啓発の機会を見定め、最も効果のある変革戦略を選定し、継続的に行われる改善努力をモニター及び支援する方法。
チーム(グループ)の最大の可能性を達成することを阻害する個人的シナジー作用の障壁を、チームが如何に乗り越えるかを指導する方法。
組織はリーダーのリーダーシップスタイルが大きく影響する事が実証されています。そのリーダーの気付きを助け、コーチング(メンタリング)の為のツールの使用方法。
 
 
その為に必要な経験・知識は:
大学卒業又は同等以上
組織内で業務経験10年以上 又は:
各専門コンサルタント歴10年以上 又は:
各専門領域経験10年以上
 
HSI認証コンサルタントになる優位点
各専門家にとって、専門領域のみならず、それを超えて領域を広げる事が出来ます。
例えば:
コーチング専門家にとって臨床心理学に則って開発された自己認識ツールにより、コーチングを容易にします。個別コーチングや集団コーチングだけではなく、エグゼクティブコーチングへチャレンジが出来ます。更に、組織自体の変革のためのコンサルテーションへと領域を広げられます。
研修専門家にとって個人の自己認識ツール、リスクマネージメントとチームビルデング、ビジネスシュミレーションとチームビルデング等多元的なアプローチを可能にします。
更に、個人の開発を一歩踏み込んで組織の変革のためのコンサルテーションへと領域を広げられます。
経営コンサルタントにとって組織の変革のための阻害要因を見出し、改善策策定を容易にすることが出来ます。更に、組織はリーダーのリーダーシップスタイルが大きくインパクトを与えています、一歩ふみこんで、リーダーのメンターにチャレンジしてみませんか
 
是非チャレンジしてみてください:ワークショップへのご参加お待ちしております
日程、費用及び申込書別添